シアリスの効果と注意点を自身で体験

シアリスはバイアグラのジェネリック品

49歳になった頃から驚くほどの体力の低下に悩まされていました男性スタッフしかいなかったので、通院をする際に良い印象を抱いたシアリスはバイアグラのジェネリック品

まずこのお薬は、1999年にインドの製薬会社が開発・製造をしたものです。
多くの方はバイアグラという名称でご存知でしょうが、シアリスはそのジェネリック品となっています。
つまり後発品ということになりますが、成分はまったく同じなので得られる効果も男性機能の増進というわけです。
このお薬を私は1日1回40mgを服用して、男性ホルモンの増進に励んだのでした。
EDのお薬には2種類が存在しており、行為を開始する前に飲むものと、継続的に服用して体質を改善するものというわけです。
シアリスの場合は後者にあてはまり、根本的な解決に励めるのがわかることでしょう。
なぜ担当医がこちらを勧めたのかというと、私には狭心症の持病があったからです。
前者の瞬発性を重視するタイプの場合、急激な血流の増加があるので、血圧が高くなって心臓に大きな負担を掛ける恐れがありました。
専門医は限りなく安全にED治療を推し進めようとしたので、時間は掛かるもののゆっくりとホルモンの分泌量を増やすことを目指したというわけです。
ここで私が体験した注意点を述べていきましょう。
まず40歳以上になったら、どなたでも持病はあるものです。
私のように心疾患を患っている場合は、即効性の効果を得るよりも、体質改善に努めるのが賢明だといえます。
効果を得られるまでに約半年は掛かっていますが、それでもEDは大幅に改善をされました。
今では毎月4回は自力で行為へとステップを進められるようになっており、家内も以前よりは優しくなりました。
なによりも、行為前のお薬を飲むということは必要ないので、男のプライドを保てるのが嬉しいです。
毎日1回だけのシアリスを服用するだけでよかったのも良く、現在は飲んではいません。
長期間というほどの長さでもないので、私生活にも身体にもなんら問題もありませんでした。